無料競馬予想|シルクロードステークス予想結果と回顧

過去の予想

シルクロードステークスGⅢの推奨馬、レース展開予想と結果について。
当サイトの推奨馬をご覧ください。

当サイトの推奨馬は「ライトオンキュー」文句無しとの予想でしたが、上位3頭が好走した理由を説明してきたいと思います。

【好走要因、凡走の理由】
1着:シヴァージ(単勝4番人気)
パドックではのんびりしている様子で気配があまり見えませんでした。まだまだ絞れる部分はありそうですが、馬体はかなりパワフル。
福永騎手が好騎乗したところが今回は勝利の要因と言っても過言ではありません。スタートから焦らず5分に決めている様子で、自然体で下がらずに中段から中断後方の外4頭あたりを確保しそのまま直線を向いてスムーズにエンジンを掛けて上がり33.6秒。今回は56kgというハンデがあった為かスムーズに差し競馬が出来ていました。
またまだ仕上がり途上だと思っていますので、展開や騎手次第で恐ろしい馬と言えますね!

◎2着:ライトオンキュー(単勝3番人気)
パドックではまだ太目を感じる印象でした。この馬はノンビリしたタイプで今回は2番という枠順でしたので3列目のインを確保。3.4コーナーでのインは悪い印象はありませんでしたが、直線の内側は良くない印象です。内側の馬場の悪いところを結局通す事となりましたが、徐々に外へ出しながら結果2着。1馬身1/4話されましたが、75.5kgの斤量を背負い、休み明けという事を考えると内容としては凄く良かったかと思います。
本来は外から前をつぶしに行くようなタイプの馬に思えますので、次は外枠であれば楽しみな一頭かなと思います。

3着:ラウダシオン(単勝2番人気)
パドックでの仕上がりは非常に良く、休み明けでも馬体が張っていました。懸念していたのが追切が緩く前走1600mでしたので追走で戸惑いが生まれないかと思っていましたが前向きなところがある馬だという事で問題がありませんでした。4番手の外を追走し、そのまま馬場の真ん中を割り込んで57kgの斤量でのスプリント適性は示したかと思います。
・・・・・
17着:モズスーパフレア(単勝1番人気)
仕上がり自体は結構良かったとは思いますが、ハイペースで先頭へ。馬場が悪いというのがこの馬にとっては非常に厳しく、直線でもあまり抵抗出来ずに後退。ただ、56.5kgという斤量を牝馬で背負っていた訳なので次の高松宮記念の馬場状態がどうなのか?というところで一気に変わってくるかと思います。

着順や払戻金はこちらをご確認下さい。
シルクロードステークスレース結果