無料競馬予想|根岸ステークスGⅢ予想的中!442倍!

先週の予想結果

先日行われた根岸ステークスGⅢの推奨馬、レース展開予想と結果についてお話していきたいと思います。
まずは根岸ステークスの展開予想や当サイトの推奨馬をご覧ください。

この記事でも説明しているとおり、推奨馬は「ワンダーリーデル」です。10番人気の馬が2着と好走。当サイトのレース展開予想が見事にはまった一戦となりました。

3着以内となった3頭の好走をそれぞれひも解いていきたいと思います。
【好走要因、凡走の理由】
1着:レッドルゼル
パドック高評価、きっちりと柔らかく仕上がっている様子でした。川田騎手が時計が早い展開の中、この馬をスムーズに走らせてきたというのが印象で、中段でのインコースを確保しペースが速くても距離ロスを無くしていったという事。4コーナーから直線に掛けて少しずつ馬場の中央あたりに出してタイムフライヤーの後ろを通した。
このタイムフライヤーという馬が川田騎手から見ても手応えが良く見えた馬だと思いますので、その後伸びていくだけですのでその後ろを通っていけば進路が開ける状況になります。その為良い進路取りが出来たと思います。
他の差し馬が詰まる中で、スムーズな裁きをしているのがこの馬だったという印象です。

2着:ワンダーリーデル
パドック+8キロ、若干厚さを感じさせていましたが非常にパワフルな印象でした。
高速ダートの差し脚が強烈なタイプで、1枠から思い切った競馬をした事が好走の要因だったかと思います。最後方から4コーナー
で大外へ、殆どの差し脚馬が詰まっている中大外に回った事が良く、上がり36秒6という芝並みの末脚を見せ2着。8歳という年齢でキャリアは重ねて来ておりますが、高速ダートであればマイルの方が得意な馬ですので今後もチェックが必要だと思います。

3着:タイムフライヤー
馬が本当に本格化してきたような印象。何よりも後ろ足をしっかりと踏み込めるようになったのが凄く良いです。過去のパドック映像などと見比べると分かりやすいかとは思いますが、後ろ足がまったく踏み込めていなく、ズルズルと引きづっているような印象です。それが6歳となって良くなり、力ず良く本格化してきたかなと思います。
今回は3列目のど真ん中に入れて、4コーナーで少しずつ浮上。直線入口で他の馬とぶつかるところもあったかなとは思いますが、進路を作り抜け出していきました。馬場の真ん中から力強く出てきて上がり35.5秒という良い競馬をしていますが、上位2頭よりかは1kg斤量を重たく背負っていましたしレッドルゼルに対して言えば目標馬としてされてしまっていたので、その分の差が出てしまったのかなと思います。
馬体自体ももう少し絞っていても良いのかなとも思います。

全ての着順や払戻金はこちらをご確認下さい。