無料競馬予想|東京新聞杯(GⅢ)予想・展望

過去の予想

まずはここだけは絶対に抑えておきたい勝負の見所について。
2021年の東京競馬場開催で初めてとなる芝コースで行われる重賞、それがこの東京新聞杯です。
その東京新聞杯では最大のテーマとなってくるのが…体力スピード
先週開幕したばかりのこの東京競馬場の芝レースを振り返ると、1つ気になるポイントが…
上がり3ハロンで1位~3位までの「早い末脚を使えていた馬」とそれ以下の馬たちの上がりの時計に差がありすぎるという事です。早すぎるペースで展開しないレースは、軒並み上がり時計が出ているという印象が非常に強い!
分かりやすく表現すれば、4コーナーを4,5番手で立ち回ってきた馬が上がり34秒台前半で粘っているというところを4コーナー9番手前後の後方から脚を温存していた馬が大外を回り上がり33秒台の末脚を見せ付け爆発的に突っ込んできていた!というのが印象があります。

この事から最後の直線勝負まで生き残るためには、1つ上の距離でも戦えるだけの体力が必要になってくるだろうと思います。というのもこのコース形態そのものも、スタート直後の250mは緩やかな下り坂が続き、3コーナーを上った後でまた下り坂へと突入する為、息を整えたいはずのコーナーで息が抜けないという実は見た目以上に心肺機能を消耗するコースレイアウトとなっているのです。

東京新聞杯はこの形態で行われる重賞レースなのでスローペースは考えにくく、ある程度早いペースでの展開が予想されます。
前半戦⇒体力勝負
後半戦⇒スピード勝負
こういった図式の戦になるかと思います。
以上の展開予想をもとに、今年開幕したばかりの芝傾向と、今回戦うコースで必要な前半戦の体力勝負と後半戦のスピード勝負に対応するために必要な要素が
独特な形態の東京コースで実績がある。
4コーナー9番手までの中段から早い上がりが出来る馬。
長距離重賞でも通用したスタミナを持った馬。
馬券の中心として選ぶのであれば「スタミナがある末脚馬」
今回当サイトが推奨する馬は、
「シャドウディーヴァ」です!
マイルよりも距離が長いレースへの方が適性がある馬の方が、今回の特殊な馬場コンディションである東京決戦では有利に働くと判断しました。
東京新聞杯、今から待ち遠しいですね!!