無料競馬予想|デイリー杯クイーンC(GⅢ)予想結果と回顧

過去の予想

デイリー杯クイーンC(GⅢ)推奨馬、レース展開予想と結果について。
まず当サイトからの展開予想、推奨馬がこちらです。

春の牝馬クラシックへとつながる
3歳牝馬限定重賞
当サイトの推奨馬は「ステラリア:4番人気」でした。結果は6着
今回は前半からタイトなペースで進むレース展開でした。このステラリアは最後の末脚が魅力の馬なのですが、上手く前半のペースをコントロール出来ず…といったところでしょうか。

1着:アカイトリノムスメ(単勝2番人気)
いつもはスタートで後手を踏んでしまう馬なのですが、今回は上手くスタートする事が出来ました。そのまま先頭集団を少し後ろから様子を見るような形で競馬を進め、余力を残したまま最後の末脚を生かすだけの競馬でゴール。新馬戦の時はここまでの強さが見えませんでしたが、戸崎騎手のコメントにもあるように素質の高さゆえの成長があったという事です。

2着:アードヴィーヴル(単勝5番人気)
道中は1着のアカイトリノムスメと同様、見ながらのレースを進めており、直線で上手く末脚を伸ばすという見事な競馬でした。今回のクイーンズカップでの上がり最速はこの馬の34.1秒です。騎乗した松山騎手の好騎乗もあったのかな、とうい印象が大きいです。これまでのキャリアは1戦のみという事でしたが、今回も高いポテンシャルを発揮しておりました。近親にはアリステレスもいる血統で今後もかなり期待が持てると思います。長い目で見てチェックすべき馬の一頭です。18kgも場体重を減らし、輸送での疲れもある状況から強い競馬を見せてくれました。ただ、一気に馬体が減った事もあり馬体が元に戻るのか…という不安もありますので、次回のレースは不安要素が多いのかなと思います。直線の短い小回りで平坦なコースなら波乱を起こす逃げ馬として期待が持てそうです。

3着:ククナ(単勝1番人気)
スタートで後手を踏んでしまい、更には内に閉じ込められるというレース展開となりました。今回1番人気でしたが、このような状況でも最後にもう少し末脚を伸ばす事が出来ればかなり強い馬だと言えます。ただ、最悪なレース展開になりながらも馬券圏内に食い込んで来たという部分は高評価すべきポイントなのかもしれません。この馬の本質はスローペースでの末脚勝負、というところですので似たような展開予想がされる馬場では狙ってみても良いかと思います。

6着:ステラリア(単勝4番人気)◎
まさかのスタートで躓いてしまうというアクシデント…それによって序盤が後方からの展開となり、中段での競馬が出来ませんでした。本来なら最終コーナーの時点で7.8着くらいの位置にいれば末脚勝負で良い競馬が出来たのかと思います。今回の相手にはその位置からの競馬では通用しなかったという事ですかね。キズナ産駒はマイルではある意味気を付けた方が良いのかな…とそう思った一戦となりました。