無料競馬予想|共同通信杯(GⅢ)予想結果と回顧

先週の予想結果

共同通信杯(GⅢ)推奨馬、レース展開予想と結果について。
まず当サイトからの展開予想、推奨馬がこちらです。

見事展開予想通り、推奨馬「エフフォーリア:4番人気」が勝利!!

1着:エフェフォーリア(単勝4番人気)◎
エピファネイア産駒、新種牡馬の中では圧倒的に優れた種牡馬となっております。今回は前走の百日総特別と同じスローからの末脚で勝利する事が出来ました。前回のテーマ通りこのレースは「末脚の速さ」というところがまさにはまった一戦となったかと思います。若干前に行き過ぎたかなという印象もありましたが、上手く調整しつつ前目につける競馬をしながら上がり33.4秒という2番目の上がりを使えています。
前につける「レースのセンス」と「瞬発力」が勝利の要因だと思います。次走はある程度の人気を集める事が出来るようなそんな力強いレースとなりました。スローからの末脚勝負の展開が予想される馬場であれば強い馬だと思います。
ただ、多頭数での経験が無いという事が心配です。タイトな展開になってからどうなるか…というのも気になる点ではありますね。

2着:ヴィクティファルス(単勝7番人気)
今回はスローペースからの末脚勝負という展開でした。レース中にそういう展開を読んだのか、松山騎手の好騎乗が目立ったレースとなったかと思います。土曜日のクイーンカップでも松山騎手は2着と好騎乗しており今の東京の馬場状態を把握しているように思えます。馬自体は詰められておりまだまだ重賞で継続的に勝てるかと言われると困難かと感じております。

3着:シャフリヤール(単勝2番人気)
最後の最後に末脚を見せて伸びてきました。上がり2位の末脚を使っており、小頭数で末脚が光るとされるディープインパクト産駒でした。今回の好走する条件は揃っていたのかなと思います。このシャフリヤールにとっての懸念点はペースが速くなった時に末脚が溜まるかどうか…という部分でした。今回はスローペースからの末脚勝負の展開だったので全く問題無かったのかなという印象です。むしろこの馬にとっては最高の展開になったはずですが、3着という結果には少し寂しさを感じさせる結果です。まだまだこれから伸びてくる馬だと思いますので今後の活躍にも注目しておきましょう。

5着:ステラヴェローチェ(単勝1番人気)
直線でゴチャついてしまった分のロスが今回は大きかったのかなと思います。最後に末脚を見せて伸びているところを見ると仕掛けが遅れてしまったところが今回は馬券外になった原因なのかなと言えます。今回は「スローペースでの末脚勝負」という展開にたいして斤量も仕掛けが遅れた原因に繋がったのではないでしょうか。
今回5着と馬券外にはなりましたが、そこまでこの馬の評価を下げる必要な無いのかなと思います。