無料競馬予想|フェブラリーステークス(GⅠ)大波乱の主役はこの一頭!予想・展望

先週の予想結果

今週末の日曜日に行われるフェブラリーステークス(GⅠ)は東京競馬場で行われる、距離1600mのダートレースとなっております。このフェブラリーステークスで絶対的なポイントとなるのが、
「スピードを支える絶対的なスタミナ」が必要という事。
この東京競馬場名物の2本の長い直線から構成される東京マイル戦では非常に大切なのです!

昨年のフェブラリーステークスでは安田記念(GⅠ)も優勝した事のあるモズアスコットが勝ったように、スタートしてから最初のコーナーまでがおよそ640m、ゴール前にも日本のダートコースの中で最長距離とされる全長501mという長い直線が立ちふさがり東京競馬場にしかないこの長い2つの直線がある事によってクラスが上がるほど中盤~ラストまでの流れが困難となります。その事から「スピードとタフさ」が強く要求される馬場となっております。
スタートした瞬間からずっと早いペースで追いつ着けていかないといけませんので、通常のコースよりもスタミナを多く消費してしまうという事が予想されます。
他会場のダート戦では、武器であるスピード能力だけで結果を残してきた馬もこのコースではスタミナを誤魔化す事が非常に難しいのです。
武器であるスピードを使い切る為には、スタミナの土台がしっかりしていないと武器としては扱えない!とそのように思っています。
一番分かりやすいのが、スタミナが問われる距離短縮組。過去10年間のフェブラリーステークスを振り返っても、前走から距離が延長している馬は散々な結果になっている事に対し、距離短縮組の連対率は2倍以上があります。
やはり、他の競馬場には無いコース形態と独特な長い直線でのスピード比べという事で、他で誤魔化せていたスタミナ不足もココでは一気に露呈するという事。
・根岸ステークス3着以内
・前走から距離が短縮
こちらが狙うべきポイントです。
やはり、東京名物の長い直線勝負で長く良い脚を使い続ける持ち前のスピードを出し切る為にはスタミナの下地」というものが本当に重要になってくるのです。
直前に今回よりも距離が長いレースを経験してきたスタミナが問われるレースからの距離短縮の馬を推奨したいと思います。

「ソリストサンダー」

このソリストサンダーはゴール前で長く良い脚を使うために必要な「絶対的なスタミナの下地」を既に持っているからです。それは前走の小倉1700mダート戦での優勝で既に証明済み!日本屈指のスタミナが必要とされる心臓破りなコースであり、斤量58キロで優勝してきたのですから、これは驚異的な事だと思います。更に全てのコーナーで順位を押し上げながら4コーナーでは早めの先頭でそのまま押し切ったのですから、スタミナは化け物級だと思います。
陣営側も前走よりも良くなってきているという事ですから、最高の状態とのことです。
前走よりも斤量も1キロ減るということですし、このGⅠでも臆する事なく活躍してくれるだろうと予想し、勝負の一頭とさせて頂きます。