無料競馬予想|小倉大賞典(GⅢ)波乱をもたらす推奨馬

先週の予想結果

この小倉大賞典(GⅢ)において、絶対に押さえなければいけない勝負所を紹介致します!
3コーナーから始まるスタミナ勝負!
小倉競馬場というのは、一件直線が平坦という先入観が強すぎてスタミナなど関係なくスピードのみ、だという風におもいがちですが…実は、コース全体には3mもの高低差があり、また小回りであるという事からも道中で息を整える暇もないまま3コーナーのロングスパート合戦に入る事になってしまうので、実は見た目以上にスタミナが要求され、更には日本屈指のスタミナが求められる心臓破りなコースだとも言われています。
現在の小倉競馬場の馬場は、開催してから後半戦に突入しBコースの芝も荒れてきています!
その痛み具合は先週のレース後の騎手コメントなどからもジョッキーたちが神経質になっている事も読み取る事が出来ます。
そして、そのスタミナ勝負に更に拍車を掛ける要因の一つが、「トーラスジェミニ」の参戦。前走は乗り替わり直後という事もあり珍しくスローで抑えながら逃げ切ったレースですが、今回はこの馬以外にも逃げ馬が参戦します。
重賞でも人気を集め、各コーナーを先行順位で立ち回りたいという脚質の実力馬もいる事から、自由に走らせたら厄介な存在である事は重々分かっている事であります。ですので、早めにアクセルを全開に踏んでロングスパート合戦になるかと思われます。
コース形態そのものが、まずスタミナを消費しやすい。また現状の小倉競馬場の馬場コンディションも考えればスタートしてから全力疾走で、先行争いに加わってしまうと、最後まで体力が持たないだろうと思います。
そんなスタミナ勝負と予想される今年の小倉大賞典の馬場には、過去にも小回りコースで自分で順位を押し上げ4コーナーでは先行団体を抑えてロングスパートで押し切れた馬!というのを推奨していきたいと思います。
そして、それを可能とするのが、今回よりも2000mの重賞でも結果を残せている「絶対的なスタミナ量」を持っている馬。

●日本屈指のスタミナが問われるコースと有れた馬場での体力消耗に動じない豊富なスタミナを持っている
●3コーナーから始まるロングスパート合戦を得意としている
●過去にも小回りコースで自ら順位を押し上げ、4コーナーでは先行団体を射程圏内に捉えロングスパートで押し切れる
●今回よりも距離が長い2000m以上の重賞でも通用した豊富なスタミナを持っている

上記に当てはまる推奨馬というのが…

「ヴァンケドミンゴ」

単純に前走は重賞中山金杯で4番人気にも関わらず、今回は8番人気?とされるとしています。この馬は中山金杯で4番人気と人気を集めながら11着と凡走をしてしまいました。馬自体の実力は申し分無くあります!
前回はたまたま先行で競馬を進めていまい、結果的にそれが仇となった形です。前回の中山金杯ではこの馬の本質などを知る事が出来た良いレースとも言えます。
小回りでロングスパート合戦が予想される今回の小倉大賞典では、福島競馬場での競馬と似た展開が予想されますし、もっとも得意なレース形態だという事が分かります。
この馬の本来のスタイルに落とし込む展開を作る事が出来れば勝負出来る一頭だと思います!
一週前の追切りでは栗東CWで自己ベストをたたき出しており、本当に調子が良いという事も伺えます!
全ては4コーナーを1桁順位まで立ち上がってこられる機動力と、そこまでの序盤戦で消耗しない体力があるからこそであり、1番人気のボッケリーニの背後でマークしながら早めに自分のタイミングでスパートを掛けていくことが出来れば非常に有利と判断しています!
荒れる小倉大賞典での活躍を期待したいと思います!