無料競馬予想|フェブラリーS(GⅠ)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週末に行われたフェブラリーS(GⅠ)推奨馬、レース展開予想と結果について。

当サイトの推奨馬は「ソリストサンダー(5番人気)」結果は8着と凡走…残念な結果となってしまいました。

1着:カフェララオ(1番人気)
この馬の勝因に関してですが、パドック+10キロという事もあります凄く弾力のある馬体でが好仕上がりの印象を受けました。今回は特に好スタートを決めて、最初は外で行こうとしていましたが、ヘリオスの動きを見て3番手のインコースへ。前の二頭が少し離れた形でいてくれたのが良かったのかと思います。4角で軽く追い出しながらスッと外へ出て上がり35.6秒で先に抜け出し、勝ち時計も1:34:4でまとめてきました。この馬場状態でのこのタイムは相当なスピードでした。
この馬に関しては、ダートマイルに凄く素質を感じる馬です。バネのもありますし、今後もスピード馬場ではダートマイルでは上位かと。末脚がきっちり使えるというのはかなりの強みです。まだまだ4歳ですし、課題は1つずつ解決しながらもっと上を目指せる一頭かと思います。今後の飛躍が非常に楽しみです。

2着:エアスピネル(9番人気)
パドックは非常にリズミカルに歩けていて、馬体は仕上がっている様子で高評価でした。鮫島克駿騎手のパーフェクト騎乗と言えるレース展開でした。スタート後に、直ぐにインコースを抑える。この馬の特徴が分かっているからこそのコース取りだったかと思います。中段後方もそのままインコースベタベタで運び、直線も直ぐに追うのではなく進路が出来るタイミングを見計らってカフェファラオをロックオンしながら外へ。他の馬とぶつかりそうな場面もありましたが、何とかそれを凌いで一気に末脚を伸ばしてきました。上がり35.2秒というのは凄く立派な末脚だったと思います。最後に詰め寄ったのですが、相手が強かったのかなという印象です。鮫島克駿騎手とのコンビでなら期待できるかもしれません!

3着:ワンダーリーデル(8番人気)
馬体はパワフルな印象でした。今回初ブリンカーという事で、馬も気持ちが乗りやすいというのもあり、前の競馬を行いました。最初から中段のインを確保しようとしていて予定通りのコースを確保出来たのは流石の横山騎手です。カフェファラオの後ろに収まったというのが素晴らしいかと思います。そのまま内にこだわりながら走行し、最後に伸びて来て3着。序盤に足を使った分最後は一杯でしたが、良い競馬だったかと思います。