無料競馬予想|中山記念(GⅡ)期待の穴馬一頭!!

過去の予想

今週から開幕する「春の中山競馬」
【GⅡ・AJCC】が行われていたと気とは打って変わり、今週からは有馬記念ウィーク以来となる「Aコース」が復活して開催されます!
そんな「Aコースでの開幕週」で気を付けるべき勝負のポイントというのが…
平均点での戦いというところです。
中山記念で好走するためには、4コーナーである程度上位の位置まで立ち回ってこないと勝負出来る権利は失ってしまうという事です。
今回使うAコースが、今年初登場なのに対し差し馬が通らざる終えない馬場の外目「Cコース」は今年の開幕戦である中山金杯~AJCCまで、既にずーっと使われていました。そう考えると今の馬場状態では、外3頭分までがもっとも伸びる綺麗な馬場状態になっている事は間違いありません。
どんな頭数になったとしても、基本的には最後の4コーナーで4.5番手以内できちんと先行グループで位置していなければ、この馬場状態の良いところを活かすという事は不可能だと思います。
実際に、この中山記念を過去10年かいで振り返っても、4コーナーの位置取り別成績がほぼパーフェクトと言って良い程、
8/10頭の勝ち馬が4コーナーを先行で通過していました。
過去12年で考えると、4コーナーは6番手以内からの優勝なのです!!
どんな末脚をもった馬も、この4コーナー時点で後方に居てしまうと馬券圏内に絡む事は難しいと言えるでしょう。

この中山記念で好走するためには、コースを1周回ってくる間にどれだけ長い時間馬場状態の良いところを走れるのか?という事が全てが掛かっているレースだとも言えます。

ゴール目前に厳しい上り坂が待ち構える中山競馬場!
開幕週での走りやすい馬場により必然的にどうしても序盤からスピードに乗りやすい。そこで思った以上に走り過ぎてしまうと内回り特有の早め早めにレースが働く流れの中で休む暇が全くないために、非常に息苦しい我慢比べなレース展開になってしまいます。

①序盤戦での位置取り合戦に参加出来るだけのスピード
②そこから位置をキープし続ける為に必要な豊富なスタミナ量
③内回りの4コーナーも前方で通過出来る機動力
④最後の激坂も苦にしない馬力性能

①~④での必要要素を見て分かる通り、平均点が全て高い能力が求められるレースというのが、この中山記念というレースなのです。
①~④で1つ抜きに出て優れている馬よりも、平均的に考えて総合点が高い馬というのがもっともこの馬場をクリアする可能性が高いという事なのです。

ここまでの考えを元に、今年の中山記念で好走する為に必要な部分をまとめると

・既に過去の重賞でも「4コーナー5番手以内」を確保出来た実績のある先行馬。
・そのレース運びをしながら最後まで下がらずに逃げ粘り、重賞でも通用した豊富なスタミナ量を持っている
・内回りや激坂コースでも崩れる事のなかった馬力性能を持っている

馬券の中心馬として選ぶのであれば、この3つの条件を全てクリアした
平均点の高い馬を積極的に狙うべきだと思います。
このことから今回の中山記念で好走しそうな1頭、当サイトの推奨馬とするのが

「トーセンスーリア」横山和生

様々な要因が重なってしまった事で今回は必要以上に人気が急落しております。実力と予想オッズが最も釣り合っていない存在というのが、今回選ぶ最大の魅力です!
小回りでの重賞らしく、機動力や器用さが求めらるこの中山競馬場で最も強いとされるのが「ノーザンテースト」の血を引くパワー系の馬です。
特徴的なのが、このノーザンテースト血統で5歳以上の経験豊富なベテラン勢の活躍が最近目立っているように感じています。
このトーセンスーリアには、母父にノーザンテーストの血を引く「デュランダル」父はスタミナの宝庫とされる「サドラーズウェルズ」の血を引くローエングリン産駒です!
そもそも、ローエングリン自身がこの中山記念でも功績をあげており、更にはこのローエングリンを父に持つロゴタイプもまた好成績を残し適性を示しています。
そしてその遺伝子はしっかりとこの「トーセンスーリア」にも引き継がれており、既に中山競馬場での実績も残しています。その中でも中山芝1800mでは全てが5着以内と掲示板外になった事が一度もありません。
中山芝1800mでの持ち時計はメンバーでも最速。この裏付けはAコースの開幕週での大一番に向けては非常に頼もしいポイントの一つだと言えるでしょう!

今回もコンビを組む横山和生騎手とは、コンビを組んでから目覚ましい成長を見せており、GⅢ・新潟大賞典では4コーナー4番手から早め先頭で突き刺して強い勝ち方での優勝!
今回は爪の不安という事での休み明けとはなりますが、調教ではきちんと良い時計も出しており、追われた反応も良好で、以前よりも動きが良くなっているかと思います!馬体の張りも申し分なく、動きは良化しているように思えます!
今年の中山記念、この「トーセンスーリア」に期待しましょう!