無料競馬予想|フジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ)中山競馬場1800m(芝)3歳オープン

過去の予想

今週の日曜日、3/21に中山競馬場にて行われるスプリングステークス(GⅡ)
今回の注目は、ランドオブリバティ、ボーデンに牙を剥くとされる一頭を紹介したいと思います。

まずはココだけは絶対に押さえておきたいというポイントから紹介していきます。
やはり、このレースだけに関わらず「コーナー4つの中山決戦」で重要なのは、どれだけ今の中山での走り方を知っているのか?というのがもっとも重要になってきます。
先週の大雨の影響もあり、既に足元の馬場の状態悪化が進みすぎているので、過去のスプリングS単体でのデータ分析以上に目の前の足元との戦いに目を向けなければいけないかと思います。
では具体的に何がポイントになるのか?という点なのですが、
前半戦から深追いをしない!という事。
直線の短い中山では最後の4コーナーは、もう先頭に並びかける勢いである程度先団を射程圏内には入れておく必要はありますが、それを1コーナーからずっと続けてしまうと、現在の馬場状態では体力が絶対に持ちません!それだけ今の中山競馬場は先週の大雨の影響もあり、まずレースを走り切るだけでも相当な体力が必要な状況となっています。
特に危険なのが、自分のリズムを崩してまで2.3.4番手で前半から追いかけてしまうというパターン。
同じ様に早めから前目で競馬をするとしても、いつも通りの自分のリズムで逃れる逃げ馬ならば、
【中山牝馬ステークス】⇒ロザルーム
【金鯱賞】⇒ギベオン
このように短期先頭で緩急を付けながらマイペースで逃げれるのなら走り切る事は可能だとは思いますが、ただ今の馬場では前に行っていないとダメだという事で、自分のリズムを崩してまで普段とは違った形で深追いして前を追いかけ過ぎてしまうと…
こうした特殊な馬場では必要以上に体力を消耗してしまう!

その典型的な例が、【GⅡ・中山記念】ヒシイグアスと松山騎手。ケイデンスコールと岩田騎手。
これ以上にない完璧なレースをしていました!また、ハンデの差で負けてしまいましたが、中山牝馬Sでのフェアリーポルカ。100点満点の騎乗だったと言えるかと思います!
前半はムキになって追いかけずやり過ごして、4コーナーできっちりと前をとらえる!という更にもうワンテンポ我慢をしていたランブリングアレーには最後差されてしまいますが、素晴らしい内容だったかと思います!
今回はどのように予想をするのか?と申しますと

●既に持っている体力の量
●過去に見せていた機動力
●それをしっている信頼関係

この3つが重要になってきます。
まず3歳馬による「中山1800m」での戦いで強い体力自慢と言ったら、ロベルト系を筆頭に、ヨーロッパの骨太血統の好走が目立っています!
尚且つ場体重504キロで優勝したキタサンブラックの様に、過去10年間という長いスパンで振り返っても当日の馬体重が470キロ以上ある馬が、馬券圏内
24頭/30頭
となっているのです。大きな馬格を持っていて、尚且つ独特な非根幹距離という1800mという距離でも既に連対以上の好走実績を持っているという事は非常に重要となってくるでしょう。
そして、「コーナー4つの中山決戦」においては、体力を温存した序盤戦から、一気に動いていくレース後半戦での中で「機動力の高さ」も非常に重要で、前半戦はどこからでも構いませんが、肝心なのは最後の4コーナーでは先団に並んでいる!というレースを既にしているという事。馬の個性を知り尽くしている為には「継続コンビ」でないと良さは発揮出来ません!
ここまでをもとに、絶対的なキーワードが、

●ヨーロッパ系のスタミナ血統を持っている
●馬体重470キロ以上
●既に序盤戦は深追いせず4コーナーでは先団を射程圏内に捉えて優勝という形で機動力の高さを証明済み
●1800m以上で既に連対実績がある
●それら全てを含む、その馬の短所と長所を実績で既に知っている「継続コンビ」

馬券の中心として選ぶのであれば、この5つが最低条件として必要となってきます。
今回当サイトからの推奨馬は、ロングスパンでも活躍が期待できる軸馬候補!

ロードトゥフェイム(現在7番人気)

ここまでのキーポイントを全てクリアしているだけではなく、最も高く評価しているのが、パートナーとの信頼関係にあります。
これはテクニカルなコース4つの中山決戦において非常に大切なポイントです。その信頼関係を深く感じさせてくれたのが、今回のスプリングSと同じ舞台と距離で行われた【若竹賞】でも騎乗していた木幡巧也騎手のコメントに注目しました。
「向正面でも動いても良いかなと思いましたが、馬の力を信じて我慢し、3.4コーナーから動いていきました。」と語っておりました。
2走前の未勝利戦からコンビを組んで2戦2勝と、完全に相棒となっています。
・父:マツリダゴッホ
・母父:White Muzzle(英)
・母母父:マルゼンスキー
という事ですから、イギリスダービー馬の「Nijinsky」も入っているイギリス血統という事で、骨太いしぶとさが売りの血統です。
中山でのパワー勝負ではうってつけ!
焦って動いていくのではなく、じっとこらえて3こーなからしっかりとアクセルを全開にしていく!というレース展開での勝利を期待しています!