無料競馬予想|毎日杯(G3)注目の2強対決を脅かす…穴馬一頭!!

先週の予想結果

土曜日予想②は、G3毎日杯の推奨馬と予想展開をお届けさせて頂きます。

まず、このレースだからこそ!の最大の特徴というのが…
実質的なトライアル戦ではないという事。過去にはキズナアルアインブラストワンピースキセキインディチャンプをはじめ、後のG1馬も多く排出している重賞ではあるのですが、形式上は一般の重賞レースという事です。
実際にこのレースの種類というのが、レースの「質」に大きく直結している大事なポイントであり、皐月賞やダービーへ向けた正式なトライアルレースではないからこそ、年によってはメンバーレベルに大きくばらつきが生じやすいレースなのです。
だからこそ、一際輝きを放つポイントが存在します!というのが、早い上がりを既に武器として持っている。という事なのです。
やはりこういった狭間のレースだからこそ、既に上がりの末脚を武器として自分の物にしている馬が自然とこのレースでも結果を残しているのです。
その要因を作っているのが、「レースレベルの立ち位置」というのに加えて阪神外1800mというコースレイアウト。
この阪神(外)1800mというコースレイアウトは、最後の直線が外回りで長いという事だけではなく、向こう正面もかなり長い!という特徴があります。
その長さはスタートしてから最初のコーナー入口までが665mとたっぷりな距離がある事から心理的に先行争いが激しくなる事が少なく、その結果前半1000mの通貨が基本的には1分を超えるようなゆったりとした流れになる事が非常に多いのです。
その事から「よーいドン!」の瞬発力勝負にどうしてもなりがちで、その前半の長い直線でどれだけしっかりと脚を溜める事が出来るのか?というのが勝負のポイントとなってしまうのです。
なのでどうしても毎年の様にディープインパクト産駒が強いのも、その要因の1つだと言えます。
戦うコースのレイアウトが2本の長い直線から構成されているため、ごまかしの聞かない阪神の外回り線。重要なのは、この1800mの距離適性よりも、既にゴール前で早い脚が使えるという武器を持ってる馬が好走しやすいと思います。
特に今年の場合には、先週に不良馬場まで悪化した馬場コンディションでのレースなので、消耗線の度合いも増すレースであると考えられます。
なので馬の個性としては、まさに去年のサトノインプレッサVSアルジャンナが良い例で良馬場でもタイムトライアル戦だったら、アルジャンナの様なスピードタイプが有効だったと思いますが、今年の場合には去年のサトノインプレッサの様なヨーロッパ色の重厚なパワーユニットを搭載されつつ、その上で既に末脚という武器を自分の物に確立している馬を人気のあるなしに関係なしに選ぶポイントだと思います。
これまでを元に、当サイトが下した勝負の推奨ばがこちら。

ロジローズ(5番人気)

一着は今回は難しいかもしれませんが、馬券圏内に絡んでくるであろうという一頭です。この「タフな馬場コンディションでの末脚勝負」という点で考えた場合、この馬が新馬戦で記録した33.4秒という末脚。この時計を出したのは、11/29でジャパンカップ当日。あのアーモンドアイですら34.7秒までの時計が掛かってしまう程、かなりパワーとスタミナが要求されるタフな馬場状態だったのです。
また、馬場の綺麗な外々を走っての上がり33.4秒ではなく、内側を切り込んでのこの時計でした。4コーナーの9番手から、馬場の悪い馬群の最内を通って上がり最速を使って猛然と追い上げて来ていました。
最悪な馬場状態で日本ダービーを優勝したロジユニバースの息子なだけあり、しかもお母さんの血統ラインに目を向けても母父はヨーロッパ型ロベルト系の他のギムレットでさらには、母母父にはオールドファンにはたまらない「皇帝・シンボリルドルフ」の名前も入っている事もあり、素晴らしいスタミナ血統なのです。

まだ若干走りが不器用なタイプなので、小頭数+外回りという条件で争われますので、押し合いをしっかりと効かせて直線へと駒を進める事が出来れば、十二分に優勝争いで狙える一頭だと言えるだろうと確信しています!