無料競馬予想|日経賞(G2)二桁人気の大穴馬!この組み合わせでも万馬券!

先週の予想結果

今週の土曜日2/27、中山競馬場にて日経賞(G2)が行われます。
このレースにおいて、絶対に押さえておかなければいけないポイントからまずは紹介していきたいと思います。

今年の日経賞を勝負する上で、まずは2つ注意が必要なポイントがあります。
①4週目のAコース
②先行潰しのカレンブーケドール
その中でも、まず注意が必要なのが、このタフな馬場状態への対応力ではないでしょうか。
2/27日の中山記念の週から始まった中山のAコースなんですが、既に今週で4週目と突入しました。しかも直近二週間というのは、中山牝馬SやスプリングSなどこの連日に渡る大雨によりどろんこ馬場状態での競馬が行われてしまった結果、既に馬場の内側というのはズタズタに荒れ始めています。本来このテクニカルな中山2500mで争われる日経賞では最後のゴール目前には上がり3ハロンでは良馬場でも「35.5秒~36秒」まで時計のかかる失速戦になる事が多く、それが要因として昨年はトーセンホマレボシ産駒のミッキースワローが優勝しました。また、2着にも後にどろんこ馬場で行われた宝塚記念(G1)でも3着と好走したモズベッロが入りました。
このように、かなりスタミナ色が強いタイプが好走するレースでもあるのです。
今回のレースには、絶対的な一番人気「カレンブーケドール」という立ち回りの上手い先行馬が存在し、騎乗も松山弘平とかなりの負けず嫌いの性格ですから、積極果敢に最後の4コーナーでは既に先頭に並びかけるくらいの勢いで先行勢を潰しにくるのではないかと思っています。
そういう展開になってしまいますと、このタフな馬場コンディションで収支カレンブーケドールと松山騎手にマークされる側の先行勢はずっとプレッシャーがかかり過ぎて気を緩める事が出来ず疲労が溜まりやすい展開になる事が濃厚です。だからこそ、より一層苦しい戦いが予想されます!こうなってしまうと、最後の最後は我慢比べの戦いとなってしまうのは避けられない事だと思います。
元々上がり3ハロンに時計が掛かる舞台設定だからこそ、体力が底をついた者から脱落していく消耗戦の展開になるかと予想しています。
そこを先週の阪神大賞典でのナムラドノヴァンの様に、前半はマイペースに運び、前が苦しくなったところから一気に仕掛けていく!そんな上がりが掛かる競馬の中でも失速戦を得意としている体力自慢こそが良さを十分にはっきする事だろうと思っています。

以上、ここまでを元に今年だからこそこの日経賞(G2)で必要な「タフな馬場コンディションでの我慢比べ」で生き残る為に必要な追加条件がこの3つで御座います。

●開幕4週目のタフな馬場コンディションを得意としている!
●既に過去にも「35.5秒~36秒」まで時計の掛かる失速戦と重なった重賞で能力を発揮して好走している!
●スタミナの宝庫「ヨーロッパ血統」を持っている!

この3つの条件をクリアした、上がりが掛かる失速戦を得意としている体力自慢を馬を狙っていきたいとおもいます。
人気薄ではありますが、かなり期待が出来る穴馬を一頭推奨させて頂きます。

サトノルークス(11番人気)

この馬の最大の武器である、「持久力」が発動するには3つの条件があります。
①詰めた感覚のローテーション
②非根幹距離
③馬場の悪化によるスタミナ勝負
この条件が揃うのは約2年ぶり。
まず母Listenが既にヨーロッパ血統で、しかも母父がSadler’sWells、母母父もIrish  Riverとなんと牝系には米国的なスピード要素を一滴ももっておらず、むしろすべてがヨーロッパ型。
こうしたヨーロッパの重たい血統で埋め尽くされたパワーユニットというのは最後の3ハロン勝負となった時に、33秒台の時計は出せませんのでスピード決着では良さが出ません!
雨の降った中山競馬場で行われたセントライト記念と、3歳牝馬は誰も経験をした事のない3000mという未知な長丁馬の菊花賞では持ち前の馬力とスタミナを存分に生かし、8番人気ならが2着へと爆走しました!
セントライト記念や菊花賞の様に、道悪+非根幹距離でスタミナを要求されるシチュエーションになればなるだけ、良さを発揮するタイプなのです!

今年の日経賞は、サトノルークスが人気薄からの爆走を見せてくれるでしょう!!