無料競馬予想|2021年 第68回毎日杯(G3)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週末3/27(土曜日)阪神競馬場1,800m芝にて毎日杯(G3)が行われました。今回の毎日杯の勝者はシャフリヤール(2番人気)1:43.9秒でレコードタイムでの優勝となりました。
当サイトからの今回の推奨馬は以下からご覧ください。

では今回の毎日杯、なぜこのような結果になったのか?という部分を馬券に絡んだ馬から紐解いていきたいと思います。

1着:シャフリヤール(2番人気:川田 将雅)
3歳重賞、阪神1800mというコース設定もあり、ディープインパクト産駒の3頭で決まる可能性が高いと予想をしておりました。例年のようにスローからの末脚勝負、という展開の予想だったのですが今回は思ったよりもペースが速い展開。こういったペースを経験した事がなかったはずですが、流石はアルアインの全弟。タフな持続力勝負にも強いという事を今回示す事が出来たのではないかと思います。
直線では狭い馬郡を割って伸びてきて、皐月賞を勝利した時のアルアインと似たような走りだったように思えます。スローからの末脚勝負を制しての皐月賞参戦なら軽視出来たのですが、今回のようなタフな流れを解消してくれると本番も非常に悩ましくなってしまいそうです。今回はレコード勝ちという事もあり、この馬もそれなりに次回は人気を集める事になるかと思います。

2着:グレートマジシャン(1番人気:C.ルメール)
レースの序盤はなんだか掛かっているように思えました。そこが非常に残念に思えましたが、その他は十分な内容の競馬をしたかと思います。
エンジンの掛かりが少し遅いのかなというところがある馬かと思います。その分だけ最後の方に差し切れなかったのかなぁという印象です。あにおフォイヤーヴェルクの弟という事もあり、この一族で初めて平地重賞馬券という事になります。
この馬に関してもスローからの末脚勝負だけではなく、タフな持続力勝負も出来るという事が見られたレースとなりましたので、個人的には非常に良かったと思います。
今回は2着でしたが、力負けではないかと思いますので非常に強い印象です。今後も重賞戦線を賑やかにしてくれる馬になるでしょう。

3着:ブログノーシス(4番人気:藤岡 佑介)
この馬に関しては位置取りが上位2頭よりも後ろであったため届かなかったのかな…とそう一見見えがちではありますが、実際の実力差は十分にありそうです。
今回は小頭数かつディープ産駒ということもあっての好走に思えますし、他頭数のレースだと難しいかと思います。

8着:ロジローズ(5番人気:団野 大成)◎推奨馬
後方から末脚を伸ばすレースとはなりましたが、これまでに使えてきたような末脚を見せる事が出来ませんでした。これまでのレースは確かに強い馬が居なかったかとは思いますが、まともなレースになるとここまで変わるのか…今回の結果を元に、次回はもっと慎重に選ばなければいけませんね。