無料競馬予想|2021年第69回日経賞(G2)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週末3/27(土曜日)中山競馬場2,500m芝にて日経賞(G2)が行われました。今回優勝したのは4番人気のウインマリリン。
当サイトの推奨馬は以下からご覧ください。

では今回、どうしてこのような展開になったのか…馬券に絡んだ馬に関して説明していきたいと思います。

1着:ウインマリリン(4番人気:横山 武史)
横山武史騎手の好騎乗で、この馬は本当に内枠からの競馬が上手いです。これまで勝てなかった理由としては、やはり内側を取れていなかた事が原因で負けていたのだと思います。そして横山武史騎手はその事を分かっておりますので、スタート直後直ぐに促して内側を取る騎乗をしています。今年今回で重賞3勝目。今回の日経賞はスローからの末脚勝負であり、内枠から先行した馬に有利な傾向がありました。コースも同じでしたが、問われた適性というのが有馬記念と似ているようにも思えます。
今後この馬にk何しては、内目の枠を取る事が出来れば狙っていきたい一頭です。

2着:カレンブーケドール(1番人気:松山 弘平)
スタオート後、スムーズに先頭集団につける競馬ができ、内でジックリを脚を溜める事が出来ていたかと思います。休み明けの影響もあったのか、やや折り合いを欠くところもありました。その分だけ最後は届かなかったのかな…という印象です。
今回はスローからの末脚勝負というところで、内目の枠の馬、前に付けていた馬に有利なコースでしたが、それを上手く生かしての好走だったのかなと思います。
能力自体も他の馬とはやはり抜けて優れておりますし、今回のようなスムーズな競馬が出来れば流石に強いかなと思います。能力自体は高いのですが、馬券の組み方に工夫してなら購入しても良いかなと思います。

3着:ワールドプレミア(2番人気:石橋 脩)
今回改めて思いましたが、有馬記念で5着というのは伊達じゃないですね。スタート後は中団後方でレースを進めておりましたが、徐々に位置を上げる競馬が出来ていました。この流れが非常によかったかと思います。石橋 脩騎手の好騎乗と言えます。今回は約10カ月ぶりの重賞で馬券圏内というところで、ここから調子を上げていって欲しいです。
この馬に関してですが、長距離レースでは侮れない一頭だと思います。2,500m以上のレースでは好走するイメージが大きいです。前有利のスローペースだったのでもう一つ差し切れませんでしたが、展開さえ向けば結果も違ったかと思います。今回は斤量さも大きくありますし、今年の有馬記念の前に、宝塚記念も楽しみです。

13着:サトノルークス(11番人気:大野 拓弥)◎推奨馬
この馬が当サイトの推奨馬でした。序盤から中団外で競馬を進めていて戦略通りなのかな?と思って見ておりました。最後の直線での末脚勝負というところで大外をまくってくるかと思ったら前に沢山馬が居る内側へいき、引っかかるような形となってしまい末脚を見せる事が出来ませんでした。もの自体は良いものを持っているかとは思いますので、次回は更に慎重に選んでいきたいと思います。