無料競馬予想|大阪杯(G1)究極の3強対決!勝つのは誰だ!?

過去の予想

コントレイル VS グランアレグリア VS サリオス
勝なら誰だ?日曜日に阪神競馬場で行われる大阪杯(G1)の展開予想を行っていきたいと思います。
まずはここだけは絶対に押さえておかなければいけない勝負のポイントからご紹介します。
まず、今年の大阪杯を予想する上で注目すべきポイントが大きく別けると2つ御座います。
①今回のコース
②週末の天気予報
そこで、今年の大阪杯が昨年の大阪杯とは決定的に違うポイントが…今週もまだAコースを使うという事。
例年までは、この大阪杯の週からBコース替わりとなり開幕週となるのですが、今年は違います!
今年は、天皇賞(春)もこの阪神競馬場にて行われるため、Aコースがロングラン開催となっている訳です。
ただ、先週のAコースでもコースレコードが出たりと、路盤の土を固める事によって解れにくくして壊れにくい馬場質になっている事から、連日の悪天候で傷んでしまった見た目の芝の悪さに惑わされず、晴れた良馬場で乾燥しているのであれば、コンクリート状態の堅い馬場での高速決着が今週も濃厚だと言えます。
とは言え、今週末の天気が非常に厄介な存在となっています。
今の阪神競馬場で注意すべきポイントというのは、表面上の芝の状態だけではなく、むしろその下の土の状態が堅いのか?柔らかいのか?というのが非常に重要なのです。
現時点での予報では日曜日の朝から雨がパラつくという事ですので、表面の芝生だけなら良いのですが下の土までしっかりと濡れるような雨量になってしまうと、一気に最悪な馬場状況と変貌してしまう危険性が有ります。
ただ、路盤の土までは影響せず、良馬場になる事として考えていきたいと思います。
乾燥しきった状態の良馬場であれば、だれが一番良いかという部分なのですが、
3強の中では、コントレイルだと思っています。体系的にも、そして最後の追切りまでの動きを見ていてもそのスピードセンスというのは圧巻で、この大阪杯の好走条件にも合致する部分が非常に多いです。

この大阪杯で必要な好走実績という部分は、
「マイルG1での好走」
「2000m以上のG1での好走」
というが必要となってきます。
スピード面に関しては、この阪神(内)2000mというコースでは3-4コーナーまでの勝負所で一気にペースが上がるポイントがあり、そこでも瞬間的な反応でのスピードが不足していると、昨年のブラストワンピースのように優勝争いから置いていかれる可能性があるのです。
そして内回り特有のコーナーの中から既に加速を始めるロングスパート勝負になる傾向が強くそのスピードの速さを長く維持するだけの「スタミナ」も同時に求められます。
「マイルG1でも適用した」という実績と、「2000m以上のG1での好走実績」があり、スピードとスタミナの裏付けを確保している馬が絶対的な狙い目となります。
ただ、持続力勝負と、今回与えられた早朝からの小雨という条件下で怖さが際立ってくるのがさらにもう一頭存在します。
マイルG1でも優勝し、G1皐月賞でも2着と好走をしている、

サリオス

3強といわれる今回の馬の中で、このサリオスだけが持っている最強の武器というものがあります。それが、500キロを軽く超える馬体重です。
基本的にこの大阪杯では、マイルG1でも通用するトップスピードの速さ。そして2000m以上のG1でも通用したスタミナ。
このレベルの高い二刀流が求められるG1なので、サリオスの場合にはマイルG1馬でありながら皐月賞でコントレイル相手に2着へと迫ったその実績からこの大阪杯で必要な好走条件を完璧にクリアしている馬だと言えます。
ただ、トップスピード対決となるとちょっと部が悪いかなとは思いますが、この舞台だからこそこのサリオスがコントレイルに逆転出来るチャンスはあるかと思います。
高速馬場での内回り2000mという舞台設定で、スピードをより長く維持させられるだけの余裕のある体力に掛かってくることは間違いありません!