無料競馬予想|阪神牝馬ステークス(G2)高配当の穴馬で勝負!!

過去の予想

今週末、4/10土曜日は阪神競馬場にて阪神牝馬ステークス(G2)が行われます。
このレースにおきましても、ココだけは絶対におさえておかなければいけない勝負のポイントから紹介していきたいと思います。

今週土曜日も日曜日も、阪神1600mという同じ舞台でマイル戦が続きます。
そしてこの牝馬の中には、男勝りの強気女性が存在します!
今年のメンバーの中でOP以上で男馬がいるなかで優勝した実績を持っているのが3頭存在しています。
今年の阪神牝馬Sだからこそ、注意が必要なのは例年よりも春の阪神開催は長く使い続ければいけない為、馬場が簡単に傷まないように路盤の土を堅く固める事によって壊れにくい馬場質になっています。その上で今週から傷んだ馬場の内側だけが封鎖されたBコース替わりによって晴れて乾燥した良馬場であればまるでコンクリートのような堅い馬場での高速決着が今週も濃厚だろうと考えています。
1:32秒前半台の時計が飛び出してしまっても不思議ではない!というそんな馬場状況だという事が言えます。
特に桜花賞とは異なり既に体幹や基礎体力がしっかりと構築されている古馬のマイル重賞である阪神牝馬Sに至っては、スタミナ以上にまずはタイムの速さを最優先に考えた方が良いだろうと考えています。1600mでも全然戦えるが、1400m戦でも早い持ち時計を持っている馬というのが好ましいと思っています。
また、持ち時計の速さは大前提としつつも、レースが行われる阪神コースである以上、同じように阪急コースである「中山・中京・阪神」の3大急坂コースでの好走実績というのが必須となってきます。
この急坂コースでも早い時計を記録している馬に、チャンスが舞い込んでくる可能性が高い!と考えています。
以上、ここまでの事を踏まえ、Bコース替わりでの開幕週で晴れた良馬場でのスピードレースが濃厚な今年の阪神牝馬Sでは高速時計に対応できるだけの持ち時計の速さと、ごまかしがきかない阪神1600mという舞台設定に打ち勝つために必要な勝負なポイントというのが、この3つで御座います。

●男馬相手のオープン戦以上で優勝したd実績がある
●1600mでの勝ち星がありながら、1400mでの持ち時計も1:20秒台の早い持ち時計を持っている事
●阪神・中京・中山などの急坂コースで好走の実績がある

以上、この3つを兼ね備えられている大穴馬が…

ドナウデルタ(7番人気想定・和田竜二)

この馬をなぜ穴馬として推奨したかというと、男馬相手に優勝した「ポートアイランドS」での走りです。
あれだけのメンツの揃ったレースで、マイルのリステッド競争を優勝したのですから、間違いなく評価出来ると思っております。
しかも勝ち方自体も、今回の先行有利の高速馬場が想定される阪神牝馬Sへ向けては非常にリンクする部分が多く、評価出来る内容なのです!
また、総崩れしてしまった先団グループの中で序盤戦を戦っており、6-7-7でのレース運びでしっかりと追走しながら、最後は馬郡のど真ん中へと突っ込んで、そのまま突き抜けての優勝ですから、実力は間違いありません!
明らかに楽なレース展開ではなかったのにも関わらず、そのまましっかりと最後までペースダウンする事おなく脚を長く使っていたというポテンシャルにスタミナの奥深さを感じさせられました。
しかもこの高速馬場での1:33.0秒という時計にもしっかりと対応し、
マイルでの自己ベストをこの阪急コースの中京で記録したというところもあります。
その経緯から鑑みても、今回のBコース開幕週での時計優勝が濃厚な阪神牝馬ステークスにおいても持ち時計の速さを武器に対応できるスピードの裏付けを見せたというのも評価しております。
1400mでの自己ベスト、1:20.5秒という時計もこの阪神コースでマークしているという事からも、最高の条件と言えるかなと思っています。
今回はゴチャ付きやすい内回りコースではなく、広々とした阪神の外回りの直線が長いコース。頭数も13頭立てであればストレスの要因が無くなりますので、十分に可能性はあります!

楽しみに、ドナウデルタ(7番人気想定・和田竜二)にご注目下さい!