無料競馬予想|2021年 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(G2)予想結果と回顧【予想的中】

先週の予想結果

先週の土曜日、4/10に阪神競馬場にて阪神牝馬ステークス(G2)が行われました。
見事勝利したのは、1番人気のデゼル(川田 将雅騎手)です。
当サイトの穴馬推奨馬も見事馬券に絡む事が出来ました!当サイトの予想はこちらからご覧ください。

ではなぜこのような展開になったのか…レースを振り返って紐解いていきたいと思います。

1着:デゼル(1番人気:川田 将雅)
スタートをゆっくたりと出て、独自のペースでレースを進めていました。
スローからの末脚勝負ではありましたが、今回は開幕週です。前に付けた馬に有利な傾向があったように思えますが、その傾向なんて関係なしという程のキレッキレな末脚で勝利となりました。上がり3ハロンは32.5秒。見事なタイムだと思います!
末脚のキレの凄さだけが目立って見えますが、直線ではきっちりとマジックキャッスルに外から蓋をしながらのレースでした。この部分は騎手の差なのかなという感じです。
元々スローからの末脚勝負には強い馬という事もありますので、特に驚く事はなく実力を普通にだしたという形だと思います。
今回の勝ち方を見てる限り、ヴィクトリアマイルは人気になるかもしれません!
左回りに替わるというところは好材料として、あとは差しが決まる競馬が出来るかという部分が問題となってくるかと思います。そこを見極める必要があるかな、と。
今回の勝ち時計は1分32.0秒と高速決着に強い馬だと確信出来ました!

2着:マジックキャッスル(2番人気:大野 拓弥)
今回2着となってのは、直線で外からの勝ち馬に蓋をされて、行き場を失ってしまい、内に切り込むしか出来なかったというところだと思います。馬郡を割きながら脚を伸ばしてはきましたが、惜しくも届きませんでした。
勝ち馬のデゼルはは外からスムーズに末脚を伸ばしておりますので、その分の差だけだったかと思います。
本番ノヴィクトリアマイルでは戸崎騎手に手綱が戻るのか…というのが次回の楽しみでもあります。大野騎手のままであれば、若干不安は残るものの、その分オッズに反映されるかとも思いますし、期待値としては変わらないのかなという印象です。

3着:ドナウデルタ(8番人気:和田 竜二)◎推奨馬
前に付けた馬の中で最も瞬発力を見せてくれたと思います!
道中でもインで脚を溜めて、直線ではそのままインを突いて伸ばしていくという展開も完璧な展開で好走出来たと思います。
最後は実力馬に交わされてはしまい、重賞勝利とはなりませんでしたが非常に良い競馬が出来たのではないかと思います。
内枠に入る事が出来れば、今後も狙い目だと思います!