無料競馬予想|2021年【阪神競馬場】読売マイラーズカップ(G2)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週の日曜日、4/25に阪神競馬場にて読売マイラーズカップ(G2)が行われました。
見事勝利したのはケイデンスコール(2番人気)
今回好走した馬がなぜ好走出来たのか?という部分を説明していきたいと思います。

1着:ケイデンスコール(2番人気・古川 吉洋)
古川吉騎手が見事に代打で結果を残す事が出来ましたね。個々で惨敗していたら…という状況ではありましたが、見事100点満点に近い騎乗であったかと思います。
前に着ける競馬は出来ませんでしたが、前半からのペースがはやかったので無理をせず中団に着ける競馬が出来ていたように思います。京都金杯、中山記念、マイラーズカップと重賞3レース連続で連対しております。しかも全て違う競馬場での好走という事で、非常に面白いですね。
近親にフェイムゲームが居るという血統で、母父のハーツクライの成長力が古馬になって遺伝してくる…という事なのでしょうか。この快進撃は路線こそちがいましたが、ラブリーデイを思い出してくれるような、そんな走りでした。次回は安田記念?侮れない馬だと思いますので、次回も更に期待しましょう!

2着:アルジャンナ(3番人気・福永 祐一)
復活の激走!!展開的に厳しいかなというところはあったのですが、上がり最速の末脚で突っ込んできたの2着。直線では進路を失って脚を伸ばせないところもありましたが、これは元々弱点としている加速という部分が原因だったのかなと思います。
ソコがスムーズであれば、結果は違ったかもしれません。
狭いコースだと不安が残るかな…というのと、末脚を伸ばすも届かないというシーンが常にある馬です。頭での固定というのは難しいかもしれませんが、2.3着づけで狙うとすると面白い馬券になりそうです。

3着:カイザーミノル(9番人気・荻野 極)
阪神競馬場での成績も良く、非常に得意としている馬です。前々走からブリンカーを着けて出走しており、成績も良くなっております。内の前目で起用に競馬が出来たのも良かったかと思います。ロスする事なく競馬を進める事が出来ていましたし、ほぼ完ぺきな競馬だったのではないかという印象です。今回3着にはなりましたが、実力を出し切ってのこの着順という事ですからこの馬の力というのはこの辺りが限界なのかもしれません。

11着:ラセット(5番人気・秋山 真一郎)◎推奨馬◎
後方から競馬を進め、最後は内を突いてきましたが伸びませんでした。
ペースが速かったのですが、それは逃げ馬が飛ばしていたという事で4番手以下の馬にとってはそこまで早い流れではなかったのかな…と。
この馬はどうしても展開に左右される事が多く、今回の展開は厳しかったのだと思います。この馬が好走する場合は、先行勢が総崩れとなるような展開になると馬券に絡んできそうですが、軸にするのは少し厳しいのかな…と今回思いました。