無料競馬予想|2021年 天皇賞:春(G1)今年の天皇賞は一味違う展開となる!?

今週の重賞

今週の日曜日は、いよいよ春の天皇賞(G1)!!
今年の天皇賞はいつもとは全く違う…そんな展開になると予想しています!ではなぜそうなるのか?という事から紹介していきたいと思います。

※まずは勝負のポイントから
天気予報が変わってきたりと少し曖昧な部分もありますが、京都開催だった去年までとの明確な違いから説明していきます。
舞台が京都阪神へと変わってしまった今年の天皇賞春にて最大のポイントとなってくるのが、内回りのロングスパート合戦が日本一上手い馬を探さなければいけないという事!それが今年の天皇賞春の戦いになる、と思っています。
特に今年の天皇賞春に関しては、本当の意味での3200mが得意というステイヤーを探す戦いという訳ではなく、「内回りコースという舞台設定におけるロングスパート合戦を大得意としている」そんな馬が今年の天皇賞春で勝つための最大のポイントだと考えています。
その中でも最大の変化といえば、
コース2週目が外回り内回りへと変わってしまう事。ここが今年の最大の注目ポイントとなるのです!
その根拠というのが、騎手の心理に大きく影響するからなのです。今までと全く違う舞台設定でのG1で、最初から突っ込んでいける強気な騎手は居ません。
騎手にもこの未知なコースレイアウトの前に慎重に入ってしまう事によって、外回りコースを走る1周目はお互いに動きを探るような展開になる事が予想されます。
この我慢比べの戦いとなる前半戦は、いかに騎手と喧嘩をせずにしっかりと折り合いっをスムーズに保ちながら力まずに走れる馬が有利になってくると考えています。
3200mのマラソンレースにも関わらず、前半戦をゆっくりと運ぶと、現状の高速馬場もあってどの馬もかなりのタイ旅行を温存したまま2週目の向正面へと突入する可能性が大きく考えられます!
しかし、ココからレースが一気に動くのです!なぜなら、最後の2週目は内回りという事。
そんな脚と体力にまだまだ余裕がある状態で直線の文字かい内回りコースへと突入する事で3コーナーへと突入する手前から急激にペースが跳ね上がる瞬間というのがやってきます。
ココでの急激なペースアップに対して瞬時に反応できない馬は、優勝争いからは一気に置いていかれます。個々でのギアのチェンジへの適性の有無というのが勝敗に大きく関わってくるのです!
最後の直面で重要なのは、3コーナーから始まるロングスパート合戦にて、一度アクセルを全開にしたらそのままゴールまで緩む事なく走りきれるという、究極のスピードの持続力というものが要求されるのです!
また、直線の短い内回りコースで行われるレースでは、やはり必然的にどのジョッキーも直線の短さを非常に強く意識しますので、かなり手前手前から全開にしていくロングスパート合戦になりやすいという傾向が見受けられます。
阪神内回りコースで行われる今年の天皇賞春においては、例年以上にとにかく長く!しいぶとく!良い脚を使える馬に有利なのです。
「晴れ+優良馬場」での高速馬場という条件が今週もそろった場合であれば、3200mという距離実績はそこまで重要ではないかと思っています。
とにかく内回り特有のロングスパート合戦を得意としている、という経験値が必要なのです。
そこで、今回推奨する馬は以下です。

ナムラドノヴァン(10番人気想定・内田博幸)

まず、今年の出走メンバーの中で最も強気なマイペースを選択できるのはこのコンビではないでしょうか!
G2・阪神大賞典でも9番人気で3着と好走した時のレース後のコメントでも、こういう馬場ですし、この馬のリズムで動かないでいった。という事。
大舞台の重賞でこんな強気なマイペースを既に出来ているのですから、この大一番でもベテランコンビでの馬を真っ先に注目したいと思います!