無料競馬予想|2021年【東京競馬場】ヴィクトリアマイル(G1)波乱の主役となる大穴馬!!

今週の重賞

今週の日曜日、5/16は東京競馬場にてヴィクトリアマイル(G1)が行われます。
今回のヴィクトリアマイルに関しては、危険な人気馬から人気薄なのにも関わらず大きな期待が持てる馬が存在します。
では早速、今回のヴィクトリアマイル(G1)に関して、ココだけは押さえておかなければいけないという勝負のポイントから紹介していきたいと思います。

このヴィクトリアマイルでの最大のテーマとなるのが、【追走能力×体力】となります。
というのも、既に先週の段階で1:32秒台~1:31.6秒台が飛びあしている東京1600m戦です!
そしてBコース替わりへの開幕週で行われます。
馬場の高速化が進んでいる昨今の馬場状態の作りもあり、
2019年⇒1:30.5秒
2020年⇒1:30.6秒
このように、2年連続でこれだけの高速決着となってしまっています。
ちなみに、それぞれの年の前の週に行われたNHKマイルカップでも、2019年⇒1:32.4秒、2020年⇒1:32.5秒と今年の場合「1:31.6秒」という時計をたたき出した直後という事もあり、良馬場での開催ともなればこれだけの速いペースに慣れている馬でなければ対応するのは非常に困難であろうと思います。

まずは他のライバルと戦う前に、この現状の東京1600mというコースに勝てる馬を探すべきだと考えています。
直球でシンプルな考えでスーパーレコードが飛び出したこの直近2年間で好走した面々のキャリアを振り返ってみると、目安にして頂きたい指標がありました。
●平均ラップが「11.0秒~11.5秒」までの高速ラップで推移したマイル重賞での2着以内!
この実績を持っていたメンバーが、馬券圏内4/6頭を締めているのです!
ではそれ以外の2頭に関しての共通点とういのが、1800m以上の重賞において11秒台の速いペースで流れた重賞を勝ち切っていたという共通点がったのです。

以上、ここまでのシンプルなテーマを元に、今年も晴れた良馬場でのスピード勝負に的を絞って予想をするという事であれば、まずは目安として1600mまでで平均ラップスピード11秒~11.5秒までの高速ラップの重賞で2着。
1800m以上であれば、11.5秒~111.9秒までの高速ラップの重賞で優勝している!
これらの実績によって、スタートからゴールまで早い区間タイムのまま追走する事が出来て好走していたという馬を選びたいという風に考えています。
そこで、今回浮上する素質馬が2頭存在しているのですが…その中でも片方の馬にピックアップする波乱の主役というのが…

マルターズディオサ(7番人気想定・田辺 裕信)

この馬が持っている個性というのが、継続的に早い区間タイムで流れる展開の中を前目で立ち回って追走する事を得意としている、とう事。
これはヴィクトリアマイルで必要な、速い流れに乗るという観点から非常に大きな武器となるかと思います。
その上で取り上げたいレースが、この馬の持つ重賞のタイトルです。
まず、1600m戦で優勝したG2・チューリップ賞の区間タイムが優勝で、平均タイムが11.6秒で推移した流れの1:33.3秒!
実はこのダートの馬場コンディションが最悪で、この日のダート馬場コンディションは前日まで雨が降り続いた影響で「重~稍重」までかなりダートが濡れていたのです。更に芝コースも良馬場発表とはなりましたが、からっからに乾燥したような良では無かったので、そこでの平均区間が11.6秒で推移しての1着というのは大きく評価したいという風に考えています。
また、2000mで行われたG3・紫苑ステークスも快勝しております!
しかもこの馬の場合は、この時も継続的に雨が降り時計の掛かる馬場コンディションの中を区間タイム12.21秒で推移した展開の中を積極的に前々へ運んで押し切っての優勝だったのです!
更に優勝はしておりませんが、2走前のG2・阪神カップでも連続開催の最終週の馬場を区間タイム11.3秒と、ハイラップで流れた展開の中でも、積極的に前目で立ち回って最後の最後まで食い下がり、インディチャンプやサウンドキアラに先着して2着!
しかも勝ち馬が内々をロスなく立ち回っていたのに対し、大外枠の8枠16番から外々を回っての2着という事ですから、速い区間タイムで流れる単会の中を前目で立ち回って追走する事を本当に得意としている馬なのです!
もしかするとという話になりますが、これが本来の「キズナ産駒」の持ち味なのかもしれないという風にも考えてくるようになりました。
確かにキズナ産駒の重賞成績は右回りに集中しています。ただ、1:31.6秒で決着した先週のG1・NHKマイルカップで高速したソングラインの視点に立って振り返ってみると…継続的に早い区間タイムで流れたレースを、積極的に前目で追走した中で好走していたというのが良く分かります。
また、この馬の場合は前走G1・高松宮記念の出走時にも「目標は次なので」とコメントしていた通り、元々春の大目標は高松宮記念ではなくて、この「ヴィクトリアマイル」を目標にローテーションを組んできています。
ましてや馬場が、スピード自慢のこの馬が大の苦手としてる泥んこ馬場で、初めての1200m戦でいきなりG1レース!しかもレース中に落鉄していたという事ですから、参考外に出来るという風に考えています。
このレースでも上がり3ハロンが3位の時計を出していて、0.4秒差の競馬をしていたのですから、3~4歳へかけてのこの大事な成長期の間に力を付けてきたというのが良く分かります。

速い流れでも動じずに喰らいついていける能力は既に持っているので、前々でグランアレグリアとレシステンシアが締まったラップを刻めば、前走の経験を糧に底力が侮れない一戦になるだろうと思います!