無料競馬予想|2021年【東京競馬場】ヴィクトリアマイル(G1)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週の日曜日、5/16東京競馬場にてヴィクトリアマイル(G1)が行われました。
優勝したのは、グランアレグリア(1番人気)でした。
ではなぜ今回、このような結果になったのか…レースを振り返っていきたいと思います。

1着:グランアレグリア(1番人気・C.ルメール)
今回、最大の勝因というのは雨が降らなかった事。1枠に入らなかった事。だと思います。そうならない限りは安心して見られる走りをしてくれるであろうと思っておりました。
あの走りを見れば回顧の必要が無いくらいだと思いますが、やはりルメール騎手の上手さが光った競馬となりました。人気を背負っている中での3枠6番なので気を抜いていると囲まれてしまう可能性もあります。その為3コーナーに入る前にすでに外に出しております。この時点でこの馬の勝利は確信になりました。
あとはスパートのタイミングを間違えないだけだったかと思います。きっちりと先行馬を捕まえて後続を突き放すという完璧な競馬でした。2着には4馬身差という圧勝です。このG1の舞台での4馬身という事ですから、かなり強いという事が分かります。
次走は安田記念となるようですが、中2週でレースに使われたことが無い馬。明け3戦目も生涯発という事で心配もあるかもしれませんが、その点に関しては問題は無いかと思います!一番心配すべき点は天候と枠、といったところでしょうか。

2着:ランブリングアレー(10番人気・吉田 隼人)
今回、直線では前が塞がり追い出しが遅れる不利はありましたが、これによって却って脚が溜まったという感じがありました。
距離が伸びても問題無さそうなタイプですので、今年のエリザベス女王杯に出走すれば面白い馬となりそうです。実際、マイルは少し短かったようにも思えますので、今後にも期待しましょう!
今回もまた、吉田隼人騎手の凄さが出た競馬となりました。

3着:マジックキャッスル(5番人気・戸崎 圭太)
1枠1番は2015年に3着以内にはいった馬は1頭のみでしたが、今回この馬が3着となりました。直線に入っても前が中々開かずに苦労していた様子でしたが、上手く馬郡を縫って伸びてきました。前走の阪神牝馬ステークスでもこういう競馬をしいたかと思います。
本質的には外目の枠から末脚を伸ばすタイプなので、もし外枠だったら2着はこの馬だったかもしれません。この馬も非常に強い!という印象を受けた一頭です。
次回、エリザベス女王杯?となるかもしれませんが、阪神の2200mは少し長すぎるように思えます。

9着:マルターズディオサ(7番人気・ 田辺 裕信)◎推奨馬
前に着ける競馬が出来ず、中段からの競馬となってしまいました。そうなってしまうと持ち味を出すことができませんね…左回り、とういのも不得意な印象を受けました。今後の参考材料として、今週こそは的中を狙います!