無料競馬予想|2021年【東京競馬場】優駿牝馬/オークス(G1)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週の日曜日、東京競馬場にて優駿牝馬/オークス(G1)が行われました。
ほとんどの出走馬に2400メートルの経験がなく、未知の距離での闘いになるのがオークスですが、今回優勝したのはユーバーレーベン(3番人気:M.デムーロ)でした。
ではなぜ今回、このような結果になったかという事を、着順毎にレースを振り返っていきたいと思います。

1着:ユーバーレーベン(3番人気・M.デムーロ)
この馬は上がりの速さというのを武器としており、今回の後方勢に有利な展開を上手く味方に付けての勝利だったかと思います。
今までのレースは差して届かず…を繰り返しておりました。展開が味方したおかげて、今回は届いた!という印象です。
また、ラフィアンの馬、そしてビックレッドファーム生産駒にとっては初めてのクラシック連覇となりました。そのラフィアンの代表であった岡田氏が無くなった年に勝利というのは何か考えさせるものがありますね。
秋の目標は秋華賞だと思います。現時点での評価とするのであれば、本命馬には出来ないかなという印象です。

2着:アカイトリノムスメ(2番人気・C.ルメール)
今年のオークスは後方勢に有利な傾向があったという風にお話しておりますが、この馬は3角では10番手でした。初めのコーナーはは5番手からの競馬でしたが、それでいて2着に好走するという事ですから、馬と騎手ともに流石だなぁと感じています。おそらくこの馬の今回のレースプランは、「ソダシ」に勝つ!という事。終始ソダシをマークしながらレースを進めており、結果的にもソダシに勝ちました。展開的な部分で優勝する事はできなかったのですが、ルメール騎手とこの馬は今回満点近いレースが出来たと思います。東京の重賞、ひいてはG1においてルメール騎手を軽視するのはやはり危険ですね。相手には入れておいて損はないかと思えたレースでした。

3着:ハギノピリナ(16番人気・藤懸 貴志)
藤懸騎手がG1初騎乗でいきなり大穴をあけました。16番人気の馬を3着。複勝は2,820円でした。この馬はキズナ産駒という事で、勢いが凄いですね!!
今回の上がり3ハロンは34秒3で上がり2位と高タイム。上がり3ハロンが34秒台半ばから35秒台で上がり3位以内となるケースにおいては、キズナ産駒は本当に強いと思います!
ただ、33秒台が求められるようなレースだと厳しいようにも思えますので、次回狙うのであれば注意が必要かと思います。
この馬の好走要因はこのキズナ産駒が得意とする後方有利の展開だったからだと思います。ただ、今回はたまたまハマったという印象の方が大きいので、次回以降注目外となるかと思います。

13着:ステラリア(5番人気・川田 将雅)◎推奨馬
外から勢い良く回って2番手に出ていき、前半気負ってしまった部分が大きかったのかなと思います。早めに仕掛けにいった分、最後の方は余力がなくなっていました。枠順が大きく関係してしまったのと、展開が厳しかったのかなと思います。