無料競馬予想|2021年【札幌競馬場】 函館スプリントステークス(G3)

先週の予想結果

今週の日曜日は大舞台ともつながるサマースプリントシリーズ開幕戦、函館スプリントステークス(G3)が函館競馬場にて行われます。
早速とはなりますが、今週の函館スプリントSに関しての予想と推奨馬の発表を行っていきたいと思います。

今年の函館スプリントSを勝つためには何が一体必要なのか?というところから、絶対にココだけは押さえておかなければいけない勝負のポイントを紹介します。

まず、今年の函館スプリントSの場合には開催場所が全く違うという事です。
なので過去の傾向などの角度で見ても全くの無意味で、新しいレースだと思って考える事が懸命かと思われます。
そこで今回揃ったコース条件やメンバー構成などを元に攻略に必要なキーワードとして並べると、
開幕週+半径の大きなコースレイアウト+持続的なハイペース。この事によって何が必要になるかというと…【心肺機能面での体力勝負】!!
まず、今年最大の注目ポイントというのは、やはりコースが函館⇒札幌に替わっている事。
確かに同じ北海どいうの洋芝なだけにパワー型やスタミナ型が勝つのではないか?と思われがちですが、一括に同じ北海道の洋芝といっても函館と札幌では全く違います!

その証拠に、例えば通常の1200m戦であれば最後の上り3ハロンというのは34秒の後半~35秒台までに失速するパターンも多いと思うのですが、この札幌競馬場ではそうはなっていません!
3歳クラス以上の上級条件で開幕初日~4日目までのAコース、この設定条件で優勝した馬は、上がり34.4秒よりも早い上がりでまとめていたのです。
ましてやこれが夏の北海道での開幕戦!おそらくターゲットタイムは1:07.5秒~遅くても1:08.1秒くらいまでだと想定されます。
実際問題、先程の設定条件での6レースで優勝した馬のコーナーワークを見ても、後方2桁順位で追走した馬は1頭も存在しません!
基本的にはしっかりと前から2列目以内までで4コーナーを立ち上がってこないと優勝争いに加わるという事は困難という事が言えるかと思います。
そして、最も注目すべきなのが今年のメンバー構成です。
やはり展開のカギを握るビアンフェなどを筆頭に、自らペースを作って逃げたい逃げ馬先行馬が実力馬の中にも揃っています。そしてスピードが落ちにくい札幌競馬場のコース形態から考えても、かなり前半から飛ばしてはいりそのままコーナーでも減速する事なく一定の高いスピードに乗せたまま直線勝負へと入ってくる展開が濃厚だろうと考えます!
【開幕週】+【半径が大きくスピードが落ちにくいコースレイアウト】+【持続的なハイペース】
これによって心肺機能面での体力勝負となるかと思います。
差かが無い分、筋肉面での疲労は全く心配が無用です。なので体力が必要となるポイントがあるとすれば、息が上がってしまう中でもそこからもう一踏ん張り出来る心肺機能面での体力勝負だという風に考えています。
そしてこうした経験値は、実践で多くのハイペースのレースを経験して、そのハイペースに体が慣れていないというのは言うまでもありません!
なので過去実績から見るべきところは、実践で多くのハイペースなレースを経験し、ハイペースに慣れている心肺機能面が強い馬、そして4コーナー出口を前から2列目以内まで立ち回れる先行力、そんなタイプの先行馬を狙っていきたいと思います。
そこでこれまでの展開予想から、今回の函館スプリントSで推奨したい馬が…

◎ケープコッド(7番人気想定・吉田隼人)

まず、この馬の場合に注目すべきなのはハイペースの経験値です。
ここまでの1200m戦での成績は4-1-1-3と、未だに掲示板を外したことが無いという安定感があり、その堅実な走りを支えているのも全てはハイペースにも追走出来る心肺機能と粘りを持っているからなのです!
これまでのレースは、絵にかいたようなダイワメジャー産駒といったタイプで極端に前半が速いレースの方が成績が優秀なのです。
早い流れの中でも前目でしっかりと追走し、自らスピードに乗っていけるからこそ前が壁になったりとか展開に左右されにくく、常に自分の力を出し切る事に専念できるというところが、成績の安定につながっているのだと思います。
まさに今回の「開幕週」「多数の逃げ先行馬」によって生まれるハイペースを最も得意としているのです!

やはりハイペースになっても積極的に前に取り付いていける先行力と、そこから最後までタレない心肺機能面での豊富な体力は申し分がありません!
これまでのようにあの粘りが出来るなら、直線も短く得意な右回りに変われば十二分に勝負出来るポテンシャルをもっており、洋芝適性がある事も既にこの地でのオープン勝ちで証明もしていますので、吉田騎手も自身を持って強気な競馬を見せてくれるだとろうと思います!