無料競馬予想|2021年【札幌競馬場】 函館スプリントステークス(G3)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週の日曜日は、札幌競馬場にて函館スプリントステークス(G3)が行われました。
勝利したのはビアンフェ(5番人気・藤岡 佑介)。ではなぜ今回この馬が勝利したのか?またこのような展開になったのか?という点をレースを振り返っていきたいと思います。

1着:ビアンフェ(5番人気・藤岡 佑介)
スタートがあまり良くない馬なので、今回のような外目の枠は良かったかと思います。グイグイと加速してハナを奪って前半3ハロンが32秒8という凄まじいラップで入っております。それでいて粘り通すという事ですから、見事しか言いようがありません。
今回は開幕週という事も大きいのかなとは思いますが、次回のキーンランドカップのころには差しも決まるように成長してくるかもしれません!!

2着:カレンモエ(1番人気・鮫島 克駿)
抜群のスタートを切る事が出来ました。ただ、そのまま行かせるわけにはいかなかたったので抑え込む競馬となってしまい、そこで折り合いを少し欠いてしまった事が残念に思えます。
外枠だったために常に外々を回る厳しい競馬となってしまい、4角でやや仕掛けるタイミングを遅らせてたのは鮫島騎手の好騎乗だったかと思います。ココで溜めが効いた分だけ、粘り込むが事が出来たかと思います。
これでG3を3レース連続で2着…安定感の高い先行する競馬からほぼ必ず好走してくれるので頼もしい馬だと思います。
G3でのレースなら相手には必ず入れておきたい一頭といったところでしょうか。

3着:ミッキーブリランテ(4番人気・和田 竜二)
道中は早い流れだったので手綱が動きっぱなしでした。追走に手一杯だったという感じでしょうか。1200mだと忙しすぎるようにも思えました。
ただ、今回はペースが速かったため差し馬でも届くという展開となったかと思います。4角でロスを最小限に迎えて直線に入れたというところが好走の要因だったと思います。和田騎手の好騎乗もありました。この馬は今は調子が良いみたいですが、外枠に入ると買いにくいので1~5枠くらいでなら狙ってみるのも有りかもしれません。

6着:ケープコッド(3番人気・吉田 隼人)◎推奨馬
苦しい競馬でした。3枠という好枠を活かしてインを回って脚を溜め、最後の直線で…というところでカレンモエとデットヒートをしております。ココでスピードが大幅に落ちてしまいました。ココがもう少しスムーズだったら3着以内には入れたのかなぁと悔しい競馬となりました。

以上が、2021年函館スプリントステークス(G3)の回顧となります。