無料競馬予想|2021年【阪神競馬場】宝塚記念(G1)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週の日曜日、6/27は阪神競馬場2,200mにて宝塚記念(G1)が行われました。
今年の宝塚記念を制したのは1番人気のクロノジェネシス。人気通りの走りで優勝。
ではなぜ人気通りの展開となったのか…レースを振り返っていきたいと思います。

1着:クロノジェネシス(1番人気・C.ルメール)
現役最強馬の強さを示してくれたレースとなりました。道中は前に付けた2頭を見るような形でレースを進め、直線では存分に溜めておいた末脚を活かすだけの競馬でした。
終わってみれば上がり最速の末脚を使っての快勝。宝塚記念はルメール騎手にとっても7回目の挑戦で初の勝利です。
そもともG1で1番人気のルメール騎手に逆らってはダメですね。これで2020年以降のG1での1番人気の成績は11-4-0-1となりました。無敵と言って間違いないかと思います!
宝塚記念はここまで0-0-0-6という成績でしたが、これでルメール騎手は宝塚記念を苦手としているという見方も出来ましたが、ルメール騎手が苦手としているのは良馬場以外のG1であり、この宝塚記念に限っては渋った馬場が多い開催が多かったため、結果を残す事が出来なかったのだと思います。
流石はバゴ産駒。底なしに強いという印象です。
今年の秋には凱旋門賞に出走するようです。ここ数年の中で最も適性に合う馬だという風に思いますので、凱旋門賞で好走したナカヤマフェスタやオルフェーブルの共通点は宝塚記念を勝利しているという事。そいういう意味でも、凱旋門賞では面白い競馬となるかもしれません。

2着:ユニコーンライオン(7番人気・坂井 瑠星)
1枠という好枠を活かした良い競馬が出来たように思います。
この馬にとって良かった点は、レイパパレが控えてくれたことでしょうか。自分のペースでレースを進める事が出来ていました。流石に前走の鳴尾記念ほどのスローペースではありませんでしたが、この馬も上がり5位という末脚を使う事が出来ております。
今後に関しては、逃げる事が出来れば好走に期待はできますが、今回はマークが薄かったというのも要因だという風に思います。
坂井 瑠星はG1で初めて3着以内の馬券になりました。徐々に力を付けてきている騎手なので、今後も更に楽しみとなりそうです。

3着:レイパパレ(2番人気・川田 将雅)
スタートが良いという馬ではなく、やはり隣の馬に激突をしていました。小柄な馬であり、さらに気性面で難しい部分がある馬です。
前半から非常に行きたがる素振りを見せておりましたが、この接触の影響もあったのかもしれません。
結果論にはなってしまうのですが、ハナに立ってしまっても良かったようにも思いました。ただ、将来のある馬という事もあり、逃げ癖を付けさせないように競馬をしたのか…といったところだと思います。
直線では一度先頭に立ったのですが、最後に失速。折り合いを欠けてしまった分だけ最後に失速してしまったではないか、という感じがありました。G1でのキャリアは今回で2回目の挑戦。残念ながら連勝は6回で止まってしまいましたが、今回の結果は十分に評価出来るのではないかと思います。
今回のレースでは距離が長すぎたようにも感じますので、距離の長いエリザベス女王杯は厳しいかなと思います。天皇賞秋で出場してくるようなら、狙いたい1頭です。

8着:モズベッロ(6番人気・池添 謙一)◎推奨馬
今回の推奨馬でした。面白いレースをしてくれるのではないかと期待しておりましたが、非常に残念な結果となってしいまいました。敗因としては、馬場が渋らなかった事と、ペースが緩やかに流れ過ぎたために前に付けた馬に有利なレース展開になった事だと思います。ここまで緩いペースになるというのは想定外でしたが、これが競馬の難しく面白いところかもしれません。