無料競馬予想|2021年【福島競馬場】ラジオNIKKEI賞(G3)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週の日曜日7/4は福島競馬場1,800mにてラジオNIKKEI賞(G3)が行われました。
大荒れ予想でしたが、やはり3連単馬券が316,180円と大荒れの展開。このラジオNIKKEI賞にて見事優勝したのはヴァイスメテオール(4番人気・丸山 元気)でした。
ではなぜこのような結果になったのか?とうい事をレースを振り返っていきたいと思います。

1着:ヴァイスメテオール(4番人気・丸山 元気)
今回のような渋った馬場には本当に強さを感じました。母がシャトーブランシュですが、このシャトーブランシュもそういう馬でした。
この馬に関しては、雨が降ったら馬券に入れるという方法で良いのかなと思います。あとはこれまでの戦績を見る限りだと、内枠が取れたら面白い競馬をするタイプかもしれません。今回は最悪な馬場状態だったからこそ、好走する事が出来たのだと思います。

2着:ワールドリバイバル(11番人気・津村 明秀)
スムーズに前に付ける事ができたという事が今回の好走に繋がったかと思います。
スプリングステークスでは6着と敗れておりますが、この時に先着を許した馬の斤量が55kg~56kgである中、この馬だけが53kgとなっております。
さらに前に付けた馬に有利な傾向をフルに活かす事が出来たというのが本当に大きかったですね。
ここまでのキャリア7戦のうち5番人気以内に支持された事が2回しかありません。
中々キャラクター的に人気を集められない…とそんな馬のようです。
前につけた馬に有利な傾向があり、人気薄、さらには計斤量などが重なれば再度の激走はあり得ると思います。次回も人気薄であれば狙ってみても良いかもしれません!

3着:ノースブリッジ(7番人気・岩田 康誠)
今回は外枠からの競馬でしたが、重い気っとハナを主張する競馬が出来た事が良かったのだと思います。
青葉賞では大敗していますが、状態面がイマイチだったのに加えて、2400mは長い。今回のような1800mくらいがこの馬にとってはベストな距離なのかなと思います。
ココ最近のラジオNIKKEI賞では逃げ馬が好走するという傾向にあります。7番人気で3着、この馬も好走した要因はそこにあるのかもしれません。

5着:シュヴァリエローズ(3番人気・吉田 隼人)◎推奨馬
スタートも良く、前に付ける競馬ができておりましたが、道中で失速していってしまいました。前目に付けてスローからの末脚勝負、といきたかったのですが渋った馬場が悪かったのか…。
ディープインパクト産駒が得意な展開にする事が出来ず、残念といったところでしょうか。このラジオNIKKEI賞ではスローからの末脚勝負という展開には中々なりにくいのかなと今回改めて感じました。

以上が、ラジオNIKKEI賞(G3)の回顧となります。