無料競馬予想|2021年【小倉競馬場】トヨタ賞中京記念(G3)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週の日曜日7/18は小倉競馬場1,800mにて中京記念(G3)が行われました。
優勝したのはアンドラステ(1番人気・川田 将雅)でした。人気通りの優勝という結果ですが、なぜこのような展開になったのか?というポイントなど、レースを振り返り着順に説明していきたいと思います。

1着:アンドラステ(1番人気・川田 将雅)
川田騎手にとって最高のレースでした。一番得意としている内枠から先行させる競馬。川田騎手の小倉1,800mでの好走率は非常に高く、もっとな得意なコースで、得意な競馬を強い馬で出来たという今回のレースでした。また、レース後に川田騎手は次のような事も言っておりました。
「重賞では勝ち切れていませんでしたが、久しぶりに騎乗して能力は重賞級なのは間違いない馬で、こうして経験が出来て良かったです。」
少し気になる部分もあるコメントにはなりましたが、上手く騎乗し今回は見事優勝する事が出来ました。

2着:カテラドル(6番人気・福永 祐一)
3角から4角にかけての加速が非常にすごかったですね。その走りを見た瞬間、馬券内に来るのは確信していました。
ここ4戦で2着3回という成績は流石だと思います。唯一の着外になったのがG1である事を考えると情状酌量の余地があるのかなと思います。そもそも東京新聞杯、ダービー 卿 チャレンジ トロフィーといった中央開催のレースで好走してきた馬ですし、56kgの斤量で済んで夏のローカルに出走してきたら力は上位だと思います。
小倉に依存する前残り馬場などは関係なく、力でねじ伏せる競馬となりました。11頭立てという小頭数もこの馬に味方したと思います。ただ、勝ちきれない競馬が続いているのが少し面白いところでもあります。というのもこの馬はハーツクライ産駒です。どこかで突き抜けて優勝したら、覚醒のサインだと思いますので、その点も注目して今後もみていきたいと思います。

3着:クラヴェル(5番人気・横山 典弘)
前走と同様に後方からの競馬となりましたが、直線ではインを突く消え競馬を選択してきました。このあたりの判断というのは流石だと思います。
後方からの競馬でも常に「スペースが開けば内を突く」という事を念頭に入れてレースに騎乗してくる騎手が横山騎手。
今回も52kgの軽斤量を活かしての好走という見方も出来ます。まともな斤量になったどうなるのか…というのが今後の課題といったところでしょうか。

8着:ディアンドル:(4番人気・団野 大成)◎推奨馬
牝馬では最も重い斤量を背負っての事だったので、それが敗因なのかなと思います。
軽快に逃げておりましたが、斤量が軽い馬が好走するというのが今回のレースでした。
1,000mの通過タイムが59秒9というのもこの馬には遅すぎたのかもしれません。結果的には末脚のキレを求められるレースとなってしまいましたので、そうなるとこの馬には苦しかったのかなと。。

以上が、中京記念(G3)の回顧でした。