【的中】無料競馬予想|2021年【函館競馬場】エルムステークス(G3)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週の日曜日8/8は函館競馬場にてエルムステークス(G3)が行われました。
今回見事勝利したのは4番人気のスワーヴアラミス。1番人気のアメリカンシードが最下位となり、3連単馬券は194,430円となりました。
では、今回のエルムステークス(G3)はなぜこのような結果になったのか、馬券内に入った馬からレースを振り返っていきたいと思います。

1着:スワーヴアラミス(4番人気・松田 大作)
今回はマリーンステークスの1着、2着の馬がそのまま同じ結果となっております。この馬に関しては函館1700m、あるいは北海道のダート中距離が合うのかなぁという印象です。直近3レースの斤量は59kg⇒57.5kgであり、メンバーレベルが上がったとはいえ斤量が楽になっていたというのはプラスの材料でしたね。
また今回からブリンカーを着用しておりましたが、それがどれだけの影響を及ぼしたのかはまだ判断出来ませんが、今回のように結果が出たというのは良いと思います。
これでG1でも戦えるくらいの力が付けば今後も楽しみな馬になるのですが、流石にそこまでは厳しいのかなという気がしています。

2着:オメガレインボー(7番人気・横山 和生)◎推奨馬【的中】
今回、7番人気での2着という結果は非常に良いと思います。4角で大きく外を回る事になってしまいましたが、手応えが非常に良かったです。
状態面の良さ、そして函館ダート1700mへの適性の高さを感じる内容だったかと思います。今回2着となったのは、通った道の差だと思います。
今年はマーチステークスで4着に好走し、そして今回のエルムステークスでは2着と好走。年齢もまだ5歳という事を考えると、これからまだまだ伸びしろがある馬だと思います。
末脚を活かす競馬をするタイプの馬なので、前有利のレースになってしまうと難しいのかもしれませんが、差し有利だと今回のように重賞でも好走する可能性が大だと思います。

3着:ロードブレス(11番人気・坂井 瑠星)
今回は全く人気になっていませんでした。ダートの成績は4-1-0-2ですが、1900m以下に限定して見てみると5-0-2-1です。
前走は13着と大敗しておりますが、使い詰めという部分も敗因の1つだったのかもしれません。今回は休み明けでのレースとなりますが、休み明けはダート戦に限定すると3-0-0-0と完璧です。今後は期待したくなるかもしれません。注目馬です。

今回は2着のオメガレインボー(7番人気・横山 和生)を予想通りに的中する事が出来ました。1着となればもっと良かったのですが、若干のズレで2着。

以上がエルムステークス(G3)の予想結果と回顧です。