無料競馬予想|2021年【小倉競馬場】テレビ西日本賞北九州記念(G3)予想結果と回顧

先週の予想結果

先週の日曜日、8/22は小倉競馬場にて北九州記念(G3)が行われました。
今回優勝したのは、5番人気のヨカヨカ。
ではなぜこのような結果になったのか?という点と、当サイトの推奨馬に関してもレースを振り返っていきたいと思います。

14着:推奨馬⇒アウィルアウェイ(3番人気・松山 弘平)
結果は14着…。展開が全く向きませんでした。非常に残念な結果となってしまいました。
小倉競馬は内が荒れ果てており、4角から直線にかけて内を空ける馬が多くおりました。こういう馬場になると後方からの馬は厳しいですね。
ただでさえ逃げ&先行馬が外に張ってくるため、追い込み馬はさらに外を回る必要がでてきてしまいます。ココで生まれるロスというのは能力ではどうしても埋められません。
また、小倉は思ったよりも雨が降ったという事も関係しているのかなと思います。この馬は渋った馬場を得意としておらず、重馬場とになっておりました。
展開が向かなかった事、馬場も向かなかった事が敗因だろうと思います。負ける時は大敗するというのがこの馬の特徴でもあります。スプリンターズステークスでも展開次第では飛び込んでくる可能性は大きいと思っている馬なので、次に期待です!

1着:ヨカヨカ(5番人気・幸 英明)
九州産駒として16年ぶり、熊本産駒としては初めての重賞勝利となりました。
最近の懸念材料だったスタートの悪さも今回は問題なくスタートを切れることが出来ました。また、外枠だったため無理にハナを主張せず番手で先頭集団を見るような形でレースを進める事が出来たのも好要因だったと思います。
中団前目くらいで競馬ができるようになると成績が安定するように思えます今回は重賞初勝利となりましたが、51kgという軽斤量と前に付けた馬に有利な展開は大きかったのかなと思います。
次走以降はどういう風になるか分かりませんが、古馬になってから活躍出来るかどうかはもっと検討が必要になってきそうです。

2着:ファストフォース(4番人気・鮫島 克駿)
この馬は非常に強かったです!前走のCBC賞で勝利しているにも関わらず、4番人気は低評価だったかと思います。斤量がその前走から3kg増えているのにも関わらず…。
とにかくタフな流れに対して強いタイプだと思います。さらに渋った馬場を得意としているという特徴もあります。
未勝利戦を勝つことが出来ず、地方に移動。そして帰ってきて重賞を連続で好走。見事な復活だと言えるかと思います!この勢いでG1も好走して欲しいなと個人的には思っています。鮫島騎手との相性も抜群で、気になるのは重賞で連続好走した部隊がどちらも小倉1200mであることと、スタート直後のダッシュがそこまで早くないという事。
今回もスタートから手綱を激しく動かしておりました。
前に付けられないと沈む馬なので、枠が決まってから周りに逃げ馬が集中していると嫌な感じがします。そこは注意しながら狙いたいところです。

3着:モズスーパーフレア(2番人気・松若 風馬)
ほぼ重馬場の中で前半3ハロンを33秒2で逃げて、逃げ粘って3着というのは見事だったと思います。
6歳の牝馬で56.5kgを背負ってこの結果ですし、高松宮記念では重馬場かつ展開不向きの中で5着に好走しております。渋った馬場への相当な適性の高さを感じる馬です。
次走は例年通りスプリンターズステークスでしょうか。流石にG1は厳しいかと思いますが、人気薄あるいは渋った馬場であれば狙ってもよいのかなと思います。

以上が2021年の北九州記念のレース回顧となります。